毎日の巨人倍増動作が肝臓に

社会の発展、生活は豊かになり、飲食が高になり、ますます多くの人が肝臓に問題が出てきている.では、私たちの肝臓にどのように保養に行くべきでしょうか.この簡単な方法を紹介すると、お腹をこすることです.

中国の歴史上、腹部は揉んとしてすでに存在している.黄帝内経には腹部は揉ん、養生一訣.漢方医は、腹部は健康で、また人を長生きすることができます.腹部からは五臓六腑の宮城、陰陽、血気の発源腹部のたくさんの経絡、特に腹部の真ん中に任脉.任脉と呼ばれる陰脈の海、それは全身すべて陰経につながって、全身経絡調節陰の気の作用、人体の精密な血を補うと思っ、唾液も帰それ管.腹部をマッサージする任脉が、宣通で、调和阴阳、充実五臓.

任脉

である穴――神闕穴、それは人体の生命の急所たる穴穴は、長寿大穴.神闕穴人体の生命活動と密接に関係する.私たちは、母体で胎児は胎盤で呼吸するという、先天は先天的状態です.赤ちゃんが治った後、すなわち臍帯切断され、生まれつきの呼吸が止まる,巨人倍増、明後日肺呼吸から.そして臍帯、胎盤は密接でへその中で、神闕、生命は存在しないこと.人体はいったん起動胎息機能に、まるで人体を築いてきた座保健所やエネルギー供給所、人体の百脈血気は随時が自動調節、人体にも健康に病気にならなく、靑春不老.

から、常に神闕穴メンテナンスを行い、人体のひどい、元気に満ち、体力もルックスも盛り、顔色がつやつやして腰の筋肉が強く、、、寿命を延ばす長生き飛耳長目.そして腹痛腸、水腫腹部膨満、泻痢脱肛、脳卒中脱証など独特の効果.

はまず、まずへそを中心に、左回りに左回りに沿ってマッサージ、先に右侧に沿って左侧,各マッサージ30~50下にマッサージすると、右侧、各マッサージ30~50下にマッサージ、右侧、各マッサージ30~50下.押捺の力には脈搏が感じて、マッサージの部位は痛みがなくて良いと感じます.

もしマッサージの過程で呼吸と紅いに合わせて、意外な効果を受け取ります.息を吸う時、リラックスしてかすかに目を閉じて,右手に神闕穴空回り念は宇宙のひどいエネルギーが臍で感じ温熱が度.息を吐くときに、リラックスして、なくす雑念を考え、注は神闕穴.毎回摩擦マッサージ半時間以上、腹部温度、内臓運動促進、内臓運動を促進します.

Pは、

から江西科学技術の出版社『命』李卉王养肝をかって

壮大である

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です