時々、巨人倍増静かに座っていたい

南方の秋、日光は恬淡、雨水は清涼である.

pは短くて、恍惚、秋はまだ

ではないpは登場、掉敗に敗れ、重厚な冬<P>に換えた.

服.

P実は秋の味、日差し

が好きです

は金色の風があり、少しコロ

ない調教、たまには重苦しい鉄筋コンクリートの

をたまに

部屋の隙間がくぐっ、人の流れが激しい街<P>

Pとは、あなたの髪を,野放図に吹かれ、

スカート、そして頬.そして、秋が深い.片時と迷い、街の街、天地は蒼茫、時は余裕があって.

忙しい日,巨人倍増、仕事、水を飲んで、ご飯、睡眠、すべて機械の動作です.瑣事はびしょびしょ、向かうは夕方の夕方.たまには時間が押し合いてネットに潜って、伝言の档には友達の痕跡がある.QQの瀋黙のその時の奥に、いくつかのことは、人がいくらかあって、どのみち季節のすきまにに彷徨うことになるわ、来去无踪.

時、時、静かに座って、字を書くと思っています.特にこの間角膜を負傷後、何日か万年の日に、その怠慢は更に明らか.あの時を一週間の休暇を毎日静かに横になって、不安、耳で聞かないの事、ヘッドフォンで詰めラジオで時間をつぶして、聴いていても思い出陈百强欄の番組では、音楽には退屈をつぶして、『好き』、『一生やつ》、《雨からファン」今宵ご機嫌ようなどには音楽に痛みを忘れることができる.歌を聴くのは思惟が必要で、疲れ果てた頭脳、ちょうど目的の暇潰しの暇潰しを必要とします.あれらの昨日経典は頭の中で繰り返して.古い時、熟知する気持ちは静かに立って、風に広げて.

p人疲れ、休憩、横になったらいい、横になってから発見、総横も疲れてるから.一人で包まれているショール、綿のスリッパを着て、飲んで清水、静かな空間の中で、秋の陽の味を感じて、台所用具の声を聞いて、心がぼんやりしてぼんやりしていて、気にしないと自分の世話されているが、そうした世話のしょうもない.そして、手になってしまった涙と心が痛むことがある.

秋風颯爽と、それらがすべて風向き次第で飘逝不快.再び日の目を見るの今夜、夕方ごろ、部屋を出て、自分の身を埋め、大きな運動場で、腕を振って、ジョギングしていて、見て仏深緑のモクレンの夜を私に拍手.この時、風は最も自由で、閑散の私の髪を;雲は変わりやすいのが、たまには暗い灰色,嵐が来るように真っ白な羽、たまには、日の巻雲の薄い.ただ心の空白の俗世間の喧騒の、それはずっと孤潔如月.

pはグラウンドに沿って、ジョギングから散歩になり、頭を上げ、黒の鳥が電線と軒を集めて、何声も車の音、驚かしてぷっ.蛇に蛙の旋回した後、それらはのきちんとした行陣を整え、たたかれて灰色の羽ばたいて飛んで.