涙の巨人倍増桃は

pは数年前、地元の生産チームが、桃基地とされている.宣伝する幹部は、桃の品種は優良で、また非常にサクサクまた甘く、価格は相当に相当するので、1斤の1斤の1斤を必要とします.そして、収穫の季節には、家を出て来、外出せずにお金が変わる.こんなにすばらしい見通しと聞いて、作物を作るより楽で,得が多くて、政府に加えて、間違いなくありませんか、そこに多くの人がチームを改种農作物になった桃.

私はこのニュースを知っていて、私は故郷の人が喜んで喜んで、ついに経済状況が変わることを変える機会があって.故郷の人は、開花の時、ピンクの1枚、まるで花の海で、かなり壮観で、多くの人を引きつけて観賞しました.彼らの説明を聞いて、私はいつも心にあこがれていた.桃から帰って何度も帰って、桃の花と縁がないようで、いつも花期がない.桃は数度咲いて、桃は何になって,巨人倍増、私も何年もあこがれていました.

今年は今春、私はついにその機会を捕っ、桃の花が開いている時に帰りました.

はまだ生産隊との境界を見た私はぼんやりとのモモの花.左官は桃の花のもとへ向かって走って.以前は作物を栽培している畑には全部桃の木だ.この時の桃の木に会わないモモハと桃.桃密密込み合い、枝枝につながり、株の株につながる、切れて目を見ている、一面のピンクの海.

ちぎれちぎれ桃なよやかで美しい、採用、笑ってるんだろう、見回す情、集万妖艶に.私はがぶがぶ呼吸に花の香りの空気を,普段人前のあれらの矜持すべて忘れて嗅嗅桃撫で撫桃の枝で臨み、端に走っていて、踊って、大声で叫ぶような人はいない約束の子供、更に1ようで花の舞う蝶.乗り回し桃を見て、思い出す曲桃の詩について満樹と甘えの赤、万枝丹彩灼眼春融.千年となってから、人間は、人間を化学工業にする.私は甚だしきに至っては想像され、数ヶ月後に押し曲げ腰の枝に桃だらけで、大きく脆甘くて、多くの人はまた口を肥やすた農家達は、大金を仕入して、彼らの多くの願いが実現し、彼らの笑い声が聞こえた気がした.ここに、私は笑いました.

私はすばらしい思いに浸って、突然、女の泣き声を聞いた.私は立ち上がって走ら体、あれほどの桃園に私のほか、人影もない.この会は誰ですか.桃は桃にならないのか?なんだよ!その時私はまた1つの声が言う:

オイオイ……桑の木の兄貴、あなたは知らない、私はちょうど花が咲くことを知っていて.

どうしてだろう」

あなたは本当に私があなたを見て、私はあなたを教えて、私はあなたを教えて.私たちの故郷はここから遠い、そこには肥沃な土地が肥えている、私たちの生長、結びの桃、また大きくて、また甘い、とても人気がある.覚えている時、非常に苦しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です